1. HOME
  2. 団体案内
  3. 代表挨拶

COMPANY

団体案内

MESSAGE

代表挨拶

私がグローカルの活動を始めたのは、「何となく決まっていく当たり前を変えたい」という問題意識からです。

例えば、進路や将来の選択肢は、知らず知らずのうちに、周囲の環境によって狭まりがちです。親の職業や、育った地域、通っている学校によって、自然と「当たり前」が作られてしまいます。「なんとなく」進路を決めてしまうことが「当たり前」で、目的が持てない。大学で何を勉強して、将来どんな道を歩みたいか、イメージできない。

身近に年の近い先輩がいないことで思い描ける進路選択が限られる地方では、地元にはない進路を選択した先輩が都市部に行ってしまうことで、身近におらず、思い描ける未来の選択肢が限られてしまうこともあります。「大学生という存在に会ったことがない」ことすら「当たり前」になってしまうことも珍しくありません。こうした「当たり前を打破」していくためには、自分とは異なる多様なロールモデルに触れたり交流することが必要不可欠です。

高校生の時に感じたこの問題意識は、今から3年以上前のことになりますが今でも変わることはありません。

グローカルの活動開始以来、人吉球磨地域の高校生を中心に、様々な機会の創出を通じて、多様な選択をサポートしています。しかしその活動を通じて経済的な事情で「望む進路を選択できない」場合が少なくないこと現実にも直面してきました。

こうした課題にも取り組むため、一般社団法人グローカルでは、2018年から奨学金事業に参画することで、情報や機会創出のみならず、金銭的な面でも一助となれるよう取り組んでいます。これからもふるさと人吉球磨が、そこに暮らす高校生にとって「一人一人が自分なりの選択ができる」地域であることを目指して、ささやかではありますが、力を尽くしていきます。

代表理事 溝口然