CAREER-進路選択

【合格体験記】ハンデをバネに粘り強く受験勉強に取り組もう!(九州大学経済学部一般入試)

Nさん(熊本県立人吉高等学校出身)
九州大学経済学部一般入試(前期入試)で合格

 

受験生の皆さんこんにちは。これを読めばあなたの志望校に絶対受かりますなど言えませんが他の人が体験していないような厳しい状況を戦ってきた自信があるのでこれを読んでこんな状況でもできるなら自分もやれる!と思ってもらえたら幸いです。

具体的に何が厳しかったのか、大きく二つあります。

大学に進学するつもりではなかった

一つ目は、そもそも大学進学を志したのが遅かったということです。

自分は、2年の夏の二者面談までは公務員に進もうと思っていました。それまでの模試は大学進学という目標がなかったため、結果をみて一喜一憂するだけでした。

そして大学進学を決めたのが遅かったことで必然的に志望校を決めることも遅くなってしまい、どの科目がどれぐらい圧縮されるのか把握せず非効率的な勉強をしてしまいました。

部活を高3の10月まで続けながら受験勉強

二つ目は、部活を10月の終わりまで続けていたことです。

これは本当につらかったです(笑)。一つ目でも話したようにすでに遅れをとっていて、加えて模試の判定も悪かったのでいろいろな先生に止められました。自分も夏休みくらいに、皆が勉強しているときになぜこんなことをしているのかと思いました。挙げ句の果てに、この時期に受けた初めての九大の二次試験対策の模試が一番下の判定で先生の前で泣いてしまうほどに追い込まれました(笑)。

大学に入ってバスケ部の先輩や友達にこのことを話すとすごく驚かれたので相当厳しい状況だったのだと思います。

なぜこんな状況で合格を勝ち取ることができたのか。

結果が出なくても粘り強く

自分の勉強法でよかったと思った点は粘りに粘ったということだと思います。

おそらく皆さんも経験すると思うのですが点数が全く伸びなくなる時期がきます。その時、先生は、揃って「続ければ結果はついてくる」「センター試験直前に上がる」と励ましてくださるのですが、自分は、全く信じていませんでした。

しかし、勉強しないわけにいかないので、英語の点数が120点代であっても、九大圧縮で同じ点数を3回連続でとっても、模試のやり直し・各教科の予習すべてを粘ってこなしました。その結果センター前最後の模試で最高点をとり、最初の模試から180点以上伸ばすことができました。先生方の言っていたことは本当だったとそこで気づきました。あと自分が粘ったなと思うことは数学の添削です。自分は九大の二次試験で数学を他の人より点数を取らないと受からないと思っていたので人一倍頑張りました。具体的にいうと、1問の問題に5時間かけたことがありました。現に二次試験では数学で受かったと言っても過言ではなかったので粘りが結果につながるのだと感じました。

逆に自分の勉強法で反省している点は、早くから自習室を使わなかったことです。自分は結構ひねくれていて自習室を使わずに受かったらかっこいいなと思っていたので3年の10月まで一度も使ったことがありませんでした。今思えば自習室を使わず家でだらだら勉強するほうがダサいので皆さんには自習室をうまく活用してほしいと思います

受験期の精神面でとても支えになったのは同じ目標を持つ仲間の存在です。勉強をしたくないと思ったときにあいつは今めちゃくちゃ勉強しているかもと思い自分を鼓舞していました。

健康面で伝えたいことは、あまりエナジードリンクに頼りすぎてはいけないということです。自分は、エナジードリンクを飲んだら目が冴えて、いい点をとれると錯覚して、一日に2本飲んでしまい体調を大きく崩したことがあるので皆さんは気をつけてください

最後に、自分が焦りを感じたとき、緊張したときに頭で唱えていた言葉を贈ります。

“地に足をつけて”頑張れ受験生!