GLOCALの事業内容

ひとよし球磨プレオープンキャンパス

「ひとよし球磨プレオープンキャンパス」は、大学進学を希望する人吉球磨の高校生が進学へのモチベーションを高め、正しい進路選択の一助となり、将来地域社会に貢献する人材として活躍するきっかけを作ることを目的として、2017年度より開催をしています。

これまでに延べ100名以上の高校生が参加しています。

人吉・聖光未来プロジェクト

熊本県立人吉高等学校と神奈川県私立聖光学院の交流プロジェクトを両校のマッチングから初期のプログラム企画・実施において支援しています。

イクストライド奨学金

人吉球磨の高等学校を卒業する優秀な学生に対して奨学金の給付その他必要な支援を行うことで、社会に貢献する有用な人材を育成することを目的にしているもので、グローカルでは、選考、プログラム設計などで参画しています。
※2019年に終了

沿革

グローカルは2015年当時、人吉高校の生徒であった溝口然が2015年12月、高校の同級生と共同で発足しました。

「Glocal Students」として始まったこの活動は、勉強会や各種セミナー、地域活性化の取り組みを通して「Glocal(グローカル )」の愛称で知られるようになりました。

2016年2月22日に非営利法人「一般社団法人よのなかLABO」の設立、その後、名称を「一般社団法人グローカル」へ改称し、現在に至っています。

2015年12月 Glocal Studentsとして当時高校生だった溝口が同級生と共に発足

2016年1月  人吉で初のイベントを開催

2016年2月 「ひとよしアプリ・アイデアコンテスト」で大賞を獲得

2017年2月 一般社団法人よのなかLABOとして法人化

2017年3月 法人化後初のイベント「4月からの私のトリセツ」を開催

2017年7月 「ひとよし球磨プレオープンキャンパス」を開始

2018年1月 法人名を「一般社団法人グローカル」に改称

2018年2月 イクストライド奨学金事業に参画を開始